天職鉄道の夜明け

元リクルート社員によるモヤモヤを解消し、理想の自分を手に入れる方法

【無駄なことしてませんか?】生産性について

働き方改革だなんだと騒がしい世の中になってきました。私が一番仕事をしていた2011年ごろはそんな言葉はなく馬車馬のように仕事をしておりました。

 

最近よく思う生産性についてですが、これは本当に人によるなぁと。これってかける労力(時間)✖️成果を最大限に引き出しましょうていう話だと思います。

 

私の実体験ベースの話ですが、これは受験生に如実に現れる話かなと。浪人生の結果って以下の3つが同じ割合になるらしいです。

 

1.現役の時よりもレベルの高い大学

2.現役の時と同じレベルの大学

3.現役の時よりもレベルの低い大学

 

それぞれが33%だという興味深いデータです。現役よりも1年も時間をかけても7割は成果を出せないのです。

 

そのような情報は知っていたので私も最初から浪人するつもりはありませんでした。短期間でバチっと決めたる、そんか思いで勉強してました。

 

結果的には

一般入試で入学してきた学生の7割が一浪以上の早稲田大学にバイトをしながら受かるという経験をしました。

 

今振り返ると以下要素が効いたのではないかと。

 

1.家で勉強しない、図書館のみ

2.朝に一番集中する

3.あまりカチッと目標決めない

4.科目別に予備校を変えていた

5.早稲田以外大学じゃないと思う気持ち

6.定期的な模試での定点観測

7.本番に強いと思い込む

8.本番直前とかは音楽聴いてリラックス、勉強とか一切しない

9.勉強してない友達を切る

10.授業中も受験勉強する

11.たまに入るバイトでリフレッシュ

 

纏めると、ゴールを明確に設定し、成果を出すという強い気待ちを持ちながら、かける労力を最大化するロードマップを着実にこなすことなのではないかと。

 

かける労力の最大化は、勉強する場所などの限定という環境整備と、友達関係を切るという悪影響の可能性の排除そして、本番にピークを持っていきバチっと決める。

 

これは仕事にも通じるのではないかと。気待ちとゴール設定と最短距離でかける労力の最大化。

 

仕事だけではなく、家事など全てに共通するのではないでしょうか。

 

あなたの仕事振りはどうでしょうか?