天職鉄道の夜明け

元リクルート社員によるモヤモヤを解消し、理想の自分を手に入れる方法

【実際のところどうなの?】転職に学歴は意味があるのか?

35才くらいまでなら、大いに関係ある会社は存在します。もちろん、全く関係ない会社も大いにあります。マチマチでよく分かりません!というのが実態なのですが、関係あるよ、という観点をお伝えしたいです。

 

学歴は極めて重要なファクターです。というのも無意識的に履歴書を見る際に目に入ってしまい、高学歴であれば、優秀なんじゃないか?という色眼鏡で気づかないうちに判断していまっています。

 

問題は、皆さま学歴なんて関係ない!っと思っているはずですし対外的にはそう言っているにも関わらず、実態は気付かぬうちに人を学歴で判断しています。

 

面接官が同じ大学や、なんか凄い!と思う大学だと潜在的にポジティブな印象になります。

同じ会社で、東大で1000人中1位の営業成績と、未来福祉科学ハッピー大学で1位だと、前者だと、やっぱ東大だから凄い!ってなります。後者だとそんな大学なのに凄い!って感じです。

客観的に凄いコトが2つ重なると凄みが増すように見えます。

 

 

仮に高卒だと、高卒という色眼鏡で、同じ仕事、成果を出したとしても高学歴の方がこの人は優秀だからこの成果を出せたんだじゃないか?と判断してしまいます。

 

もちろん、全員が全員そうではないですが、そう思う人は多いです。

 

人って他人に興味ないんです。学生時代、会社、家族以外で付き合う人って少ないと思いますし、強制的に近くにいないと人間関係は希薄になります。

 

そんな刹那的な出会いの連続の中で相手に印象を残すことの一つの要素が学歴だと思います。早慶だと同じ学校出身の可能性もありますし、年齢が近いと共通の友人がいたり話題にもなります。

 

僕は学歴は、日本社会で生きていくための、あればベターな腕時計のようなものだと思います。

 

あって損することはない。評価されるシーンでは凄く評価されることもあれば、全く興味のない人もいっぱいいる。興味ある人もいる。