天職鉄道の夜明け

元リクルート社員によるモヤモヤを解消し、理想の自分を手に入れる方法

自己分析からの職種選び

f:id:nakgee:20190219002542j:plain


自己分析を通じて、自分がどういう価値観や物差しで人生の決断をしてきたかが明確にになったと思います。

 

次に、仕事選びです。大きく以下4点に分類されるでしょう。

 

1.転職、就職

2.独立

3.現状維持

4.退職(とりあえず辞めてみる)

 

ここでは1に焦点を当ててみます。

よく、旅行が好きだから旅行会社、英語が好きだから英会話スクール、とりあえず人気で安定しているからソニーとかトヨタ自動車を受けたいとか様々な理由で就職、転職する人がいますが、シンプルに好き!を仕事にすることは大きく間違えていると思います。

 

まず、これはcanベースではなくwantベースの判断だからです。canは客観的に誰もが認める出来ること。しかし、好きとか安定したいことは主観的です。30歳の営業マンが急に「北川景子が会いたいから俳優になりたい!これから芸能事務所に応募しよう」と同じ話です。しかし、高校時代に全国演劇大会で優秀した高校三年生で誰もが認める超絶イケメンあればどうでしょう?

誰しもが認める演技力があればもしかしたら北川景子に会えるかもしれない。

 

まずはcanベースで出来ることなら始めましょう。ここで、canって言われても自分にできることなんてないし。。。という方もいるかもしれません。

大したことじゃなくてもいいんです。例えば、顔がカッコいい訳でも、面白いことが言える訳でもなく、一流ホストになった友人がいます。

彼がやっことは、とにかくマメに連絡することを極めたと言ってました。

睡眠時間も削り、女の子とマメに連絡を取る。これは彼にしか出来ないことでしょうか?逆に、イケメンで面白いホストは人気があるものの、連絡を真面目に取らない人が多く、彼の地道な戦略は大当たりします。誰でも絶対に出来ることはあるはずです。

 

2.次に、好きとか欲しいことの深掘りが出来ていないのと、労働環境の合理性のバランス比較が出来ていない人が多いです。例えば、旅行が好きと言っても旅行も様々なプロセスがありますね。プランニングが好きであれば、事業会社の企画部門でも似たようなこと出来ますしそれが仕事です。旅行会社だともっと雑務が多いかもしれないし、何より給料が安い。そして離職率も高い。

海外の人と話すことが好きであれば、海外営業なんて最適です。旅行が好きで終わるのではなく、好きな旅行のどのプロセスが好きなのか?その好きの要素を生かせるにあたっての業界や職種は何なのか?そこ追及した方が良いです。

 

安定したいのであれば大手企業が潰れた時に他でも通用するスキルつけれるんだっけ?個人で社会に通用するスキル身につけて複数の収入源あった方がいいんじゃない? それか確実に潰れない国家公務員且つ、キャリアの幅が広がるキャリア官僚になれば?

あなたが安定していると思っている●●という業界のその企業は30年後も変わらず安定しているのでしょうか?もし20年後に倒産したらあなたは42才。生きていける自信はありますか?

 

深掘りすると、抽象的にこれが好き!というのが見えてきます。次に、それが労働環境として発揮できる可能性や、残業や将来性、業界の特色などを企業研究してみましょう。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村